日本の高齢化に伴い増加する老人ホーム。美容に興味を持つ入居者が多いが、手にするのは無添加化粧品が多い。その理由を分析し、マーケットへ反映する取り組みを老人ホームのエージングケアを考える会が発表。

老人ホームでも人気の無添加化粧品

日本は高齢化社会になりつつあります。そういう中で老人ホームの数はどんどん増えています。入居する人たちに聞いてみたところ、無添加化粧品を使用している人が多いことが分かりました。しかも、かなりのこだわりの無添加化粧品に人気があります。 なぜ高齢者は無添加化粧品を好むのかということに着目して、分析を行うことにしました。そしてそれをマーケットに反映していきたいと考えています。


高齢者のエージングケア

いくつになっても女性は美しくいたいものです。エージングケアを行うことが出来れば、日々の生活が明るくなると想定されます。そのためにはどのような活動が必要かということを考えて、私たち「老人ホームのエージングケアを考える会」は動き出すことにしたのです。
より素晴らしい日々を高齢者の方々には送っていただきたい、その願いを込めて出来ることをしていきたいと思っています。ファーストステップは、人気の無添加化粧水でおなじみの、こちらのランキング一位の無添加化粧水です。我々も人気ランキング一位を取れるような物創りをしていきたいと考えています。F1層とかそういう層ではなく、高齢者の人々に愛されるものにしていきます。期限としては5年以内です。


老人ホームでの日々を楽しく

老人ホームでの日々を少しでも楽しいものにするためには、エージングケアは必要不可欠です。良い無添加化粧品があれば入居者同士の会話も弾み、楽しい時間を過ごすことが出来るようになることでしょう。
私たちは高齢者の方々の素敵な笑顔のために、喜ばれる無添加化粧品を更に広めるように、取り組んでいます。