肌コンディションは無添加化粧品だけに頼らない

良質な睡眠が肌を改善することもあります

眠っている女性

肌のベストコンディションをキープしたのなら、肌にあっているいつもの無添加化粧品だけじゃないということを覚えておきましょう。

肌への刺激が少なく、殆どの年齢の方が使われている無添加化粧品で、ある日突然、「え?合わなくなった?」と感じることがあります。

もしそう感じたのであれば、最近の食事や生活のリズムを考えてみてください。

もしかすると週末の度に花火大会に出掛け、帰りに深酒をして脂っこいおつまみにビールということがあるかもしれません。

平日にそれをするとあきらかに寝不足になるでしょう。朝起きたら肌がガサガサという女性も少なくないそうです。

脂っこい食事や冷たいビールは体を冷やす原因と言われ、肌トラブルの原因になっていることもあります。睡眠不足だと、肌再生に欠かせない重要な時間を自ら削ることになります。

それらを改善しても良くならなかった場合は、無添加化粧品でランキング上位のものを選んでもいいと思いますが、まずは、肌の血管まで十分に栄養が行き渡る環境を毎日作ってあげることです。

これは副交感神経が働く、就寝時と言われていますので、良質な睡眠を心がけましょう。リラックスして寝てください。