歯科・歯医者

老人と歯とインプラント

老人と歯については、言うまでもなく、大切です。

「食べる楽しみ」

これが無くなってしまうと人は一気にふけます。ある川口の老人の方の例なのですが、20代~40代までは、肉ばかり食べて元気に過ごしていたのですが、50を越えると、歯が段々と無くなってきてしまい、60で全て無くなりました。すっかり元気がなくなってしまったということです。そこで川口の歯医者に行って全ての歯を入れ歯で作ってもらいました。すると前のように肉を食べられるようになって、元気が戻ったようなのです。もっとはやくにインプラントなどをしておけばよかったと後悔をしていました。

このように、食べる楽しみは、人に元気を戻すための1つの手です。食べることが大好きな人だからというわけではありません。ある川口の歯科に通っていた女性は、そんなに食べることが好きではなかったのですが、やはり高齢になり、70を越えると歯が無くなってしまいました。そこから一気にふけてしまったのです。この女性は特に食べることが好きではなかったのですが、そうなってしまった。歯医者さんに相談するとそういうことはよくあるそうで、こちらの方も歯を作ってもらいましたら、元気になりました。

この方の場合はもしかしたら、歯がなかったことによる美貌の衰えが影響したのかもしれません。この方も「川口に住んでいる間に、インプラントのために通っておけばよかった」ということをしきりと言っておられました。

いずれにしても、我々の会は高齢になっても元気でいてもらいたいと思っていますので、歯科、歯医者さんとの連携は必須なんですね。もし若いのであれば、将来のことを考えて、インプラントにするのもおススメです。

川口でインプラントで有名な歯医者
川口にはたくさんの歯医者がありますが、インプラントを極めた歯科は実は少ないのです。10年保証のインプラントで高齢になっても元気で美しくいましょう。
http://www.aquadc8040.com/